AMX

Mixing Surface with Audio Interface for Serato DJ

AMX

AMXは、Serato DJシステムの中核を担う2チャンネルのミキシング・サーフェイスです。コンパクトなボディに、カーブ調整可能なミニinnoFaderを採用したクロスフェーダ、専用のライン・フェーダやタッチアクティブ・コントロール・ノブ、ボタンなどを使いやすくレイアウト。Serato DJの2つのデッキを直感的にコントロール&ミキシング可能です。また、Serato NoiseMap™に対応。DVSやHIDプレーヤを直接接続し、タイムコードバイナルやCDでSerato DJをコントロールできます。Serato DJを使ったスタジオでの制作作業やパフォーマンスに最適な、使いやすいコントローラです。

2014年10月18日(土)発売。

¥24,800

Full-version Serato DJ Included
AMX

AMXには、すべてDJの要求に応える世界で第一級のデジタルDJソフトウエアのひとつであるSerato DJのフルバージョンが付属しています(serato.comよりダウンロード)。AMXは、そのSerato DJの優れた機能を拡張し、コントロールサーフェスとして、また24bitオーディオ・インターフェイスとして、ハードウエアとソフトウエアの新しい架け橋となる革新的なデバイスです。

Ready for NoiseMap™

AMXは、Serato NoiseMap™に対応。Serato DVS Expansion Pack(別売)を使って、プレーヤから入力されるタイムコードとパソコンから出力される音声をUSBケーブル1本でやり取り可能です。アナログ・フィーリングでデジタル音楽ファイルをコントロールできます。

Unleash a Monster Performance

クロスフェーダには、innoFADERミニ・フェーダを採用。innoFADERは、滑らかで長期間の使用にも劣化の少ない高品位フェーダです。カーブ調整やリバースが可能で、あらゆるスタイルのDJに対応します。

Touch Down

AMXのEQとフィルタ・コントロール・ノブは、静電容量センサになっており、ノブを回すだけでなくタッチするだけでも反応し、新たな効果とパフォーマンス・スタイルを生み出します。

Studio-Grade Audio Interface

薄型のコンパクトなボディに、24bit/96kHzのオーディオ・インターフェイスを搭載していますので、大規模なDVSセットの中核として、またポータブルなミキシング・コントローラとして、どんな場所でもプロフェッショナルなスタジオ・グレードの音質を提供します。

AMX/AFX CASE
AMX

AMX/AFX CASEは、AMXおよびAFXを完全に保護するセミハードケースです。内部クッションを組み替えることでAMXにもAFXにもフィットし、確実に機材を守ります。

またAMX/AFX CASEは、AMXやAFX使用時にはそのままAMXおよびAFXのスタンドになり、ターンテーブルやDJミキサとの高低差を解消し、快適な操作性を提供します。

2015年8月8日(土)発売。市場予想価格:4,480円。

AMXの主な特長
  • トランスポート・コントロール、ミキシング、オーディオ・インターフェイスとして、Serato DJの機能を拡張するミキシング・サーフェイス
  • Serato DJ付属(serato.comよりダウンロード)で、USBケーブルで接続するだけで使用可能
  • 2つのライン・フェーダ、ゲインコントロール、LEDレベルメータ
  • タイムコード入力用の2つのPhono/Line入力端子
  • カーブ調整やリーバスが可能なプログレードのinnoFADERミニ・フェーダを採用
  • RCAマスタ出力端子
  • 触れただけでも反応する9つのタッチアクティブ・コントロール・ノブを採用した3バンドEQおよびフィルタ・スウィープ
  • 1/8"ヘッドフォン出力端子
  • USBバスパワー駆動
  • 薄型でコンパクトなデザイン
  • サイズ(W x D x H):約134 x 271 x 42mm
サポート情報